野ばらカフェ

bungarden.exblog.jp
ブログトップ

クリスマスですね

気温 3 湿度 84

d0180114_0215466.jpg


ウガンダの内戦はもう落ち着いていたがエチオピアのソマリア侵攻 南スーダンの内戦やらで
国境近くへは警察や軍隊の護衛なしには行けず当のケニアもまだまだ政情不安定な
1980年代の終わりにケニアのナクールにある長崎大学の熱帯医学研究所に
医師の航一郎は赴任した

少年達は実験動物のように兵士達の前を一列になって地雷原を歩かされ
悲しい意味で運が良かった子どもは死なずとも足を損傷する
麻薬を打たれ銃で脅され地雷のスウィーパーになるのだ

ある日最新式のアサルトライフルで撃たれた12歳の少年が運び込まれる
手当ての甲斐あって回復していったが感情を拒絶するような冷徹な眼差しは変わらなかった

その少年もいつしか航一郎によって癒され航一郎のような医者になりたいと思う

僕は銃で9人を撃ち殺した。 人殺しだ

泣きじゃくり念を押すように叫んだ
こんな人間でも・・・僕は・・・本当に医者になれますか?



                                風に立つライオン (さだ まさし) 幻冬舎


この先はどうぞ読んでくださいね!


風に立つライオン あと2〜3ページで読み終えるというまさにその時
何気につけていたテレビから 南スーダンに日本が弾薬の提供をしたとのニュースが・・
本から顔を上げ唖然とした昨日

人道性 緊急性が高いと理由をつけ 歴代内閣の方針を一日で転換した安部内閣


航一郎は撃たれても撃たない人でした

殺されても殺さない 核や武器廃絶は究極ともいえるこの信念なしには
成り立たないのでは無いでしょうか

愛する者を守らなくてもいいのかと言われそうですが・・・


どれだけの被害をこうむれば原発を失くすのでしょう
これだけでは まだ足りないというのでしょうか?

すぐに原発ゼロにするなんて無責任な事は言えないという人は
娘さんを一生幸せにするなんて無責任な事は言えませんよ という男と
同じ部類に属すると思う

気持ちのありようの問題なのにね・・・


それにもまして国外で核商売をしようとする信じられない程の
恥をさらす我が国の首相  ナンなんだこの人は!
          (クリックしてはいけません) ププ〜

d0180114_0444629.jpg



今日はクリスマスイブですね
おっと イブは終わってました〜
FMからステキなクリスマスメロディがたくさん流れています〜 

d0180114_0224748.jpg

d0180114_0243165.jpg



今日はアーモンドたっぷりココアパンです
d0180114_0141630.jpg
d0180114_0161038.jpg


今日はナンアーモンドという文字に色が付いていますね どうして・・?
 
[PR]
by BUNGARDEN | 2013-12-25 00:45 | ひとりごと