野ばらカフェ

bungarden.exblog.jp
ブログトップ

読み終えて・・ 新編 風雪のビヴァーク 

気温 14℃

d0180114_20575625.jpg
d0180114_2058108.jpg


新編 風雪のビヴァーク (松濤 明) を読み終えた。

我々ガ死ンデ 死ガイハ水ニトケ、ヤガテ海ニ入リ、魚ヲ肥ヤシ、
又人ノ身体ヲ作ル 個人ハカリノ姿 グルグルマワル

北鎌尾根から焼岳の縦走に出発したが
連日の風雪のため北鎌尾根にて遭難 (享年28)

凍える指先で綴 られた手帳の文字は、行動記録から、
やがて静かに死を待つ者の遺書へと変わってゆく。
d0180114_20582960.jpg


ガーデニングに親しむ様になってからというもの
以前とは比べようも無く 土に触れるようになった。

土は太古からの 生きとし生けるものの死骸
そして1グラムの土の中には何十億もの微生物が蠢いている。

屋久島の土壌が豊かなのは打ち上げられた無数の鮭たちが
分解され やがて山へ海へと還元されるからだ。
肥沃な土地の木々は巨木になって葉を茂らせ 季節が巡ると落葉し
フカフカの腐葉土となって生物達の布団に ダンゴムシ達の食料ともなる。

そしてやがて全ては土に還る。 
鮭もリスもダンゴムシも倒木も いずれ 土に還る。
グルグルマワル   個人ハカリノ姿・・・そんな風に私も思っている。
d0180114_2059127.jpg


強烈な意思 早熟 圧倒的な登山能力 表現力 そして悲劇的な最期
賢いうえに純真 繊細にして不屈の闘士 情けの深い 愛すべき男
                                       遠藤甲太 氏より
d0180114_20584981.jpg

私が残念に思うことは松濤明を理解している筈の遠藤甲太氏が
この様に述べている事だ。

抹香臭いものを嫌ったリアリスト明にしても、ここに至って、
代々お寺さんであった松濤家の血脈が露呈し、輪廻本体論への祈念諦観が
おのずから迸ったのだ。 徹底的なリアリズムの、はるかなる飛翔・・・  

                                       遠藤甲太 氏より
d0180114_20592989.jpg


生まれ 朽ち 一粒の砂になる。
この世のものは一つ残らず還元され グルグルマワル。
遠い過去から遥かな未来 循環を繰り返すのだ。
このことは純然たる事実で ガーデナーをはじめ生き物に携わっている人のみならず
沢山の人々が折りに触れ感じていることではないでしょうか。

なんだか私自身も抹香臭いと言われたようでちょっと心外でした。

ガタガタと窓を打つ風にさえ松濤明を思い浮かべてしまう 如何なものか・・
d0180114_2381179.jpg

松濤氏と有元氏に捧ぐ。

[PR]
by BUNGARDEN | 2011-02-22 23:18 | ひとりごと